スポンサードリンク
takaokasaki.jpg

高岡早紀がエイベックス入りへ



愛の流刑地

昨年映画をドラマ化した「愛の流刑地」韓国で映画化が決まった人気ドラマ「肩越しの恋人」などで活躍した女優高岡早紀(35)がエイベックス・エンタテインメントと所属契約の話し合いを進めていることが23日、分かった。

高岡は11月末まで所属していた芸能プロダクション「フロム・ファースト」を円満退社。環境の変化を求めて次の所属先を求めていたが、退社による影響で一部で引退説が報じられていた。

エイベックス浜崎あゆみ大塚愛倖田来未らが所属。音楽のイメージが強いが、最近は映像、芸能部門を強化している。

「新ビジネスの模索とアジア進出」を視野に入れ、05年に映像事業本部設置。06年「東京フレンズ The Movie」を皮切りに映画の企画・製作に乗り出した。「蒼き狼」など大作映画への出資も相次いでいる。

実績豊富でいて、新たな飛躍の場を求める高岡とも思惑が一致したようで、年明けにも契約を結ぶ方向で調整しているとのこと。

エイベックスですかぁ、高岡早紀さん事務所が変わっていい年になりそうですね。

ドラマに映画に高岡早紀さんの来年の活躍に期待!です。

(引用:ヤフーニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。