スポンサードリンク
takaokasaki.jpg

高岡早紀ら女優からお笑いまで豪華絢爛…乳がん撲滅で一肌脱いだ



乳がん撲滅のピンクリボン運動に賛同したタレントたちがチャリティーで一肌脱いだ。女性ファッション誌「GLAMOROUS」の創刊3周年の企画で写真家、蜷川実花(35)のヌード撮影にチャレンジしたのは、秋吉久美子(53)、「オセロ」中島知子(36)、平子理沙(37)、高岡早紀(35)、観月ありさ(31)ら10人。

 手ぶらのオールヌードを披露した中島は「皆さんがよろしければ熱帯雨林までも、と思ってんですが珍獣が出てくる可能性があるので」と自粛。「男子の何かを身につけるのが好き」とネクタイ、カフスを小道具に使ったボンテージ風で挑発ポーズ。ヌードについては「見てくれる人もいない…。冬が長引きそうですが、春が来たら皆さんに報告します」とリップサービスも。

 7日発売の同誌に掲載されるほか、同日から16日まで、東京・渋谷の表参道ヒルズと大阪・梅田のハービスプラザエントで写真展が開かれる。乳がん女性にとっては深刻な病気ですね。最近晩婚化などの影響?で乳がんになる人が増えていると聞きますが、女性にとって(もちろんパートナーの男性にとっても)乳房を切除しなければならないかもしれない乳がんはやはり早期に発見して直したい病気だと思います。

それ以外のがんや病気も欧米化した食事が原因であったり、メタボリックなどに象徴される成人病なども食生活、日常生活などが原因となっているものが多いようです。

女性特有の病気もありますが、これを機に男性も健康に気をつけたいですね。

引用:ヤフーニュースヘッドライン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。