スポンサードリンク
takaokasaki.jpg

高岡早紀、イケメン米国人監督と腕組みツーショットで意気揚揚



グラビア写真見放題!

日米合作映画『The Harimaya Bridge はりまや橋』の日本外国特派員協会(外国人記者クラブ)主催の記者会見が11日、東京・千代田区の同協会で開催され、ヒロイン役を務めた高岡早紀と米国のアロン・ウルフォーク監督が出席した。

(引用:ヤフーニュースヘッドライン

続きを読む

高岡早紀ら女優からお笑いまで豪華絢爛…乳がん撲滅で一肌脱いだ



乳がん撲滅のピンクリボン運動に賛同したタレントたちがチャリティーで一肌脱いだ。女性ファッション誌「GLAMOROUS」の創刊3周年の企画で写真家、蜷川実花(35)のヌード撮影にチャレンジしたのは、秋吉久美子(53)、「オセロ」中島知子(36)、平子理沙(37)、高岡早紀(35)、観月ありさ(31)ら10人。

 手ぶらのオールヌードを披露した中島は「皆さんがよろしければ熱帯雨林までも、と思ってんですが珍獣が出てくる可能性があるので」と自粛。「男子の何かを身につけるのが好き」とネクタイ、カフスを小道具に使ったボンテージ風で挑発ポーズ。ヌードについては「見てくれる人もいない…。冬が長引きそうですが、春が来たら皆さんに報告します」とリップサービスも。

 7日発売の同誌に掲載されるほか、同日から16日まで、東京・渋谷の表参道ヒルズと大阪・梅田のハービスプラザエントで写真展が開かれる。続きを読む

高岡早紀、エイベックスと元日契約



昨年11月に所属事務所を退社していた女優の高岡早紀(35)が、1日付でエイベックスと専属契約を結んでいたことが15日、分かった。昨年は、俳優・中村獅童(35)との密会デートが報じられたが、同じ事務所で心機一転スタートを切る。

この日高岡は、京都市の東映京都撮影所で、映画「イエスタデイワンスモア」(大森一樹監督)の発表会見に出席。移籍後の初仕事となり「事務所のこともそうですし、今年は年女でもあるので、今後の女優人生の糧になるような仕事をしたい」と抱負を語った。

“同僚”となる獅童との関係について、事務所関係者は「獅童の存在が移籍に影響したことはない。獅童の名前は出さないで」とピリピリ。高岡も報道陣の質問に言葉は発せず、笑顔で受け流した。

同作品は、大阪・ABCの新社屋移転の記念イベントとして7月に行われる「ショートフィルムフェスティバル」に出展される。

高岡早紀さんやっぱりエイベックス入りしたのですね。

今後も応援したいと思います!

(引用:ヤフーニュースヘッドライン)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。